バイナリーオプションに期待してる奴はアホ
ホーム > 交通事故 > 手のひらを返した様に

手のひらを返した様に

交通事故を起こした時の「示談交渉」。もちろんこちらに否もあるのですから、うまく相手方のお話も聞きつつ進めないといけません。
自分も以前事故を起こした時は完全な不注意であった為、最初は保険で処理してもらえるはずでしたが手のひらを返した様に「首が痛い」と相手の方から言われました。
もちろん事故の示談交渉は直接は自分が進める事はありません。保険会社の担当者の方が間に入って進めてくれます。
自分が交通事故を起こした後も保険会社の担当の方が直接相手の方の家に出向き
お話をして、交渉してくれました。
結果、保険で車の修理費、相手方の治療費を補う事になって
話がまとまりました。
もちろん私の不注意が原因で引き起こした事故なので相手方を悪く言う事は出来ませんが、
最初は「大丈夫です。保険で修理しましょう」と言われていたのが、手のひらを返した様に
「首が痛い。治療費を!」コロッと心変わりをされたのか... 
数日後、痛みも出てくる事もありますからわからないでも無いんですが、若い自分から言えば「そりゃないよ...」という感じでした。
保険会社の担当の方が「大丈夫だから、任せて下さい」との言葉で全てをお任せして事態を見守っていたのですが、毎日が不安ばかりで落ち着いていられませんでした。
もちろん保険会社の方に信頼してお任せしていたので良い方向へ進むと信じてはいました。
結果、示談交渉はうまくまとまり、解決出来たのですが、話がこじれた時はどうなったんでしょうか。保険屋さんも交渉してくれて巧くまとめてくれたので良かったのですが
、悪い方向へ向かってたらどうなったのか... 悪い方向ばかり考えても仕方無いですが、
この先、事故を起こしたり巻き込まれる事もある可能性が無いとは思わないので、機会を作って学び直してみようと思いました。